飛行機にスノボ・スキーはOK

飛行機でスノーボード・スキー板は運べます。飛行機内に持込ではなく預け荷物なら大丈夫


スノボ・スキー板は飛行機で運んでもらえます。当日空港に持って行けばOK。料金はタダです。
機内持ち込みは無理ですが、預け荷物なら大丈夫です。旅費を節約するなら預け荷物を使いましょう。

空港ロビーの手荷物カウンターで「スノボ・スキー板を預けたい」と言えば、簡単な軽量だけしてすぐに預けることができます。国内線の場合は審査も無いですし料金もタダです。スノーボード・スキー板を預けるお客さんはたくさんいるので、どこの航空会社も慣れています。

スノーボード・スキー板・サーフボードなんかは審査にひっかかることはありません。大きさの制限はJALの場合で 50cm(幅)× 60cm(高さ)× 120cm(奥行)以内。重量制限は20kgまで。超過料金は超過料金10kgまで2.000円。11kg〜3.000円と増えていきます(他の航空会社でも似たような基準です)。制限を超えないならブーツなど他の荷物も一緒にまとめることもできます。国内線は国際線と違って荷物に対するルールがある程度緩くなってます。

とりぎん文化会館付近のホテル
日産スタジアム近辺のホテル・2km以内
高槻現代劇場付近のホテル
神戸国際会館こくさいホール付近のホテル
佐賀市文化会館付近のホテル

ただし梱包はしっかりしておきましょう
ボードがケースからはみ出てると審査にひっかかることがあります。しっかりボードケースに入れておきましょう。ボードにキズが付くのが嫌という場合は他の荷物とぶつかっても大丈夫なくらいしっかり包んでください。飛行機の預け荷物だと、たまに荷物にキズが付くことがあります。

料金は0円。無料です
国内線の場合、スキースノボ板の預け入れ荷物は無料なのが普通です(海外行きの国際線は有料ですけど。)旅費の節約になるので、ボードを持って歩き回るのが嫌でなければ飛行機の預け荷物を使いましょう。


荷物代より高い飛行機代。往復で10.000円違うこともある
旅費の節約を考えると航空券を通常料金で買うのはもったいないです。国内線でも往復で10.000円くらい違うこともありますから。航空会社ごとに料金が違うので安いチケットを探して買ったほうがお得です。

自分で探すのが面倒な場合は比較検討なら格安航空券が便利です。複数の航空会社を検索して最安値の航空券がすぐにわかります。

やまぎんホール付近のホテル
新潟県民会館付近のホテル
神戸ワールド記念ホール付近のホテル
アルファあなぶきホール付近のホテル
長崎ブリックホール付近のホテル
近郊ホテルは福岡国際会議場
周囲のホテルに名古屋ボトムライン
周辺にあるホテルとニコファーレ